愛育幼稚園 園児募集

福祉法人社会 恩賜財団母子愛育会 Imperial Gift Foundation Boshi-Aiiku-Kai
 
ホーム HOME愛育幼稚園 > 園児募集

愛育幼稚園 園児募集

ホーム Home 母子愛育会の概要 愛育班活動 愛育推進部
母子保健・福祉関係者  対象研修事業(研修部) 先天性代謝異常症治療用ミルク 関係事業(特殊ミルク事務局)
愛育幼稚園 ナーサリールーム 愛育研究所 愛育相談所
寄付のお願い 交通案内 サイトマップ

愛育幼稚園 園児募集

愛育幼稚園ページ一覧に戻る

平成30年度の園児募集について

 
                                   健康診断書はこちらからダウンロードできます。
     

入園前に・・・

◎入園前は…
規則正しい生活習慣。
お母さんのそばにいて安心して過ごす生活。
からだをよく動かして、まわりのモノ・コト・ヒトに好奇心旺盛に関わる経験。
気持ちよく寝たり、美味しく食べたりして機嫌よく過ごす。
こんな“今しかない贅沢な時間”をたっぷりとれるとイイですね♪♪

“当たり前のことを当たり前にする”そんな不易なことが難しくなっている時だからこそ、子どもにとっての“当たり前”を真剣に考えていきたいです。

◎乳幼児期は、その子らしさやその子のペースで生活する気持ちが育まれる大切な時期です。
幼稚園が子どもたちにとって“はじめての集団生活の場”です。
親子の愛着関係を十分に育んで頂くことが“はじめての集団生活の場”で子どもが保育者と安定した人間関係を築き、
ありのままの自分を表出することができます。そのことが一番重要です。
入園前に特別な準備は何も必要ありません。

*急がば回れ…
“子どもの、そして子どもと家族との今しかない時や姿”を大切に、十分楽しみたいですね。何より大切にしたいのは“子ども自身の心が動いて行動する”ということ。 遊びや興味・関心は、“自分でやってみたい”“これが好き”“もっとやりたい”と思う心の動きの現れです。子どもの意欲・好奇心を育みたいですね。だからこそ、急がば回れ…の気持ち、心のゆとりをもちたいと思います。

*目指せ、ひとり遊びの達人!
子どもの軸づくりには、自分の好きな遊びを見つけ、遊び込むことが大切です。遊びは学びに通じます。遊び込むことは、自分自身の好きなことや得意なことに自信をもち、そのことを足掛かりに遊びの種類を広げ、試行錯誤しながら取り組み方に深まりが見られるようになります。自分の軸が育っている子は、遊びを通して人間関係が広がっていきます。遊びは退屈から始まり、戯れやいたずら、自分だけの遊びへと発展します。玩具がなくてもイメージや見立てで遊べるのが子どもの世界!ひとり遊びの達人を育てるためにも、子どものペースや時間のゆとり、心のゆとりがとても重要だと思います。

*今しかない子どもとの時間、楽しみましょう♪
子どもは、鼓動や温かさを感じられるスキンシップが大好きです。子どもが自分や他者のことを信じられるようになる第一歩は母親との“愛着”関係を築くことから始まります。懐の温かさや膝の上など、安定できるのは今の大人も子どものときは同じだったと思います。 母も子も心地よい時間…たくさんもてると良いですね。今しかない子どもとの時間を楽しみましょう。

*子どもの価値観は大人の価値観の鏡?
“子どもらしい生活”を親子で一緒に楽しんでみましょう♪何気ない発見や驚き、感動を共に分かち合える一番身近な存在がお母さんや家族です。豊かに育ってほしい“感じる心”…きっと家族との関わりの中で育っていきます。 子育てを通して、大人も多様な“価値観”との出会いがあります。周囲の人と共に響き合い、育ち合っていける人間関係を育みながら、豊かな感性で多様な価値観と柔軟に向き合っていきたいものですね。

*子育ては頑張りすぎない、ほどほどが一番!
現代社会は、情報が溢れ…“早く早く”と生きることさえも急かされるように感じます。多様な情報にお母さんたちは不安ばかりが募ることも。でも、大丈夫!そんなときこそ、家族の力を頼りましょう。子どもはみんなで育てましょう。子育て上手は、甘え上手!頼り上手!…子どもたちの初めての集団生活のスタートのように「分からない、できない、手伝って!」と言ってみましょう。勇気はいりません、素直に、素直に。一人で抱え込まないで、いろんな人を巻き込んで子育てしましょう。たくさんの人の中で育つ子どもは幸せです。大好きなお母さんが笑顔で、楽しい時間を過ごしていると、子どもも楽しい気持ちでいっぱいになります。 “今しかない時間”(乳幼児期)に私たちが大事にしたいこと♪

愛育幼稚園ページ一覧に戻る

愛育幼稚園 連絡先
社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会 愛育幼稚園
〒106-8580 東京都港区南麻布5-6-8 電話:03-3473-8318 FAX:03-3473-8495
交通:東京メトロ日比谷線広尾駅(恵比寿寄り出口)下車 徒歩8分
    都バス 目黒駅 ⇔ 新橋駅 愛育クリニック前 下車 徒歩1分
※地図は「交通案内」をご覧ください。

ホーム Home 母子愛育会の概要 愛育班活動 愛育推進部
母子保健・福祉関係者  対象研修事業(研修部) 先天性代謝異常症治療用ミルク 関係事業(特殊ミルク事務局)
愛育幼稚園 ナーサリールーム 愛育研究所 愛育相談所
寄付のお願い 交通案内 サイトマップ
 
このページのトップへ
 
Copyright(c) boshiaiikukai.jp. All rights reserved.